Cinema&Gallery@関西

ポータルサイト「北摂なび.com」の姉妹ブログの一つです。
主に北摂で見れる映画・美術展・イベントを紹介します。
時には、ちょっと足を伸ばして近畿一円にでかけます。
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
地球交響曲「ガイアシンフォニー」上映会
 日程が衆議院総選挙と重なってしまいますが、少しでも関心がおありの方は、ガイアシンフォニーにも足を運んで下さい。政治が良くならないと、地球も守れません。劇場で見る地球の姿の大迫力を多くの人に感じ取ってほしいです。以下は主催者サイトから引用させていただきました。

 「地球の声がきこえますか。」という呼びかけで始まる映画「地球交響曲」は、地球上のあらゆる“いのち”が、地球という大きな“いのち”を形作っている、母なる星・地球がひとつの大きな美しい生命体であるとして描かれています。この地球環境を守る大切さを訴えかけている「母なる星・地球の映画」です。
 1992年11月「第一番」が初公開されて以来、2年半ごとに、1995年4月に「第二番」を、1997年10月には「第三番」公開、全国各地の観客自身による活発な自主上映活動に支えられ、2001年夏までに全国4000ヶ所以上160万人の人々に鑑賞されています。

地球交響曲「ガイアシンフォニー」 第1番、第2番
 監 督  :龍村 仁
 製作・配給:株式会社オンザロード

 日 時   : 平成21年8月30日(日)
         第一番  開場 9:30  開演 10:00
         第二番  開場 13:00 開演  13:30

 場 所   :茨木市福祉文化会館 オークシアター(文化ホール5階)

 参加費   :当日 各1,200円 (前売り 各1,000円)

詳細はEarthマムブログをご参照下さい
Earthマムhttp://earthmum.net/





| 映画・映画館 | 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) |
ガイアシンフォニーを雲州堂で
 龍村仁監督のドキュメンタリー映画、地球交響曲<ガイアシンフォニー>を以前から見たい思っていた。「雲州堂」で上映予定とのこと。大阪にもこんな活動をするところがあったんだ。5月5日に4回上映予定がある。時間は下記の通り。詳細と予約などは「雲州堂」までお願いします。
(1) 11:00-13:10
(2) 14:00-16:10
(3) 17:00-19:10
(4) 20:00-22:10
雲州堂サイト:http://www.iori-unshudo.com/unshudo/
雲州堂住所:大阪市北区菅原町7-11
アクセス:地下鉄北浜駅と南森町駅の中間位にあります。
雲州堂
ガイアシンフォニーサイトhttp://www.gaiasymphony.com/
予告編
| 映画・映画館 | 15:07 | comments(0) | trackbacks(0) |
パレスチナ1948 NAKBA
60年前にイスラエルが誕生し、パレスチナ難民が発生した。
この事件をパレスチナ人はNAKBA(大惨事)と呼ぶ。


 1960年代に3年間のイスラエル滞在経験のあるフォトジャーナリスト広河隆一氏が、村々の廃墟を訪ねて証言を記録した、この映画はぜひ見に行くべし。このごろ特に、知らないで過ごしている事が多すぎるなあと反省する。テレビ等の色んなメディアに様々な情報が流れているけれど、さして知らなくて良い事、例えばゴシップとか、週刊誌的な話題に知らず知らずに巻き込まれている事が多いと思う。ちゃんとした事は自分から足を運んで、知るようにしないと、長年、いやもしかすると生涯、かなり的外れな世界観をもって生きてゆくことになる。まあ限界はあるけれども、できるだけ真実に近い事を知った上で、物事を考えてゆきたいと思う。
■神戸アートビレッジセンターでの上映日程と料金
日時: 8月23日(土)〜29日(金)※26日(火)休 15:10
    8月30日(土)〜9/5日(金)※9月2日(火)休 16:35
料金:前売1400円 当日一般1700円・学生1,400円、シニア1,000円
その他に今神戸アートビレッジセンターで上映している映画は、「鳥の巣」などとても興味あるものばかり。
■神戸アートビレッジセンター上映スケジュール
NAKUBA公式HP
パレスチナ1948 NAKBA


| 映画・映画館 | 21:55 | comments(0) | trackbacks(0) |
Good night, and Goodluck.
 直接デザインとは関係ありませんが、できれば観てほしい。
 映画「グッドナイト アンド グッドラック」
アメリカの有名なエド・マローというニュースキャスターの話をジョージ・クルーニーが監督&出演してます。
 個人の良心や理想と、組織と社会の関係ということが絡む、考えさせられる内容です。最近は、反共産主義については実感が湧かないかもしれませんが、対象が何であれ、当時のマッカーシー議員のように、充分に論議を尽くしてではなく、高圧的に少数意見を封じ込めようとすることは今でもたくさんありますね。


公式サイトより

 映画館は心斎橋のビッグステップ4Fのシネマート、7月14日まで、PM8:30〜(1〜7日) or 9:00〜(8〜14日)。心斎橋だけど、夜の8:30上映だから、なんとか行けるのでは。

 白黒映画で、字幕が少し読みにくいのですが、当時の感じがすごく分かります。
説明は以下のサイトをご覧下さい。

<参考サイト>
公式サイト
映画評「FLiXムービーサイト」
詳しく紹介しているブログ 『ツボヤキ日記」
上映館 「シネマート」
| 映画・映画館 | 16:18 | comments(0) | trackbacks(0) |
マイ アーキテクト ルイスカーンを探して
 アメリカの建築家ルイス カーンの息子によるドキュメンタリー映画です。
しかもアカデミー賞候補とか、ルイス カーンという対象は別として、純粋に映画としても優れているらしい。
ルイスカーンを探して
<ルイス・I・カーン…1901〜1974。代表作はソーク生物学研究所など。駅のトイレで、心臓発作によって多額の借金を残して亡くなったという事は初めて知りました。>
 当時まだ幼かった彼の息子が、父のかつての仕事仲間など関係者を取材し、建築を訪ねてゆくということで、フィリップ ジョンソン、モシェ サフディ等、著名建築家が出演者に含まれていて…興味湧きますね。

5月20(土)より、京都みなみ会館でロードショー
 当日 一般 1,800円 学生 1,500円 前売 1,500円

<参照サイト>
・映画のオフィシャルサイト
http://www.myarchitect.jp/index2.html
・京都みなみ会館
http://www.rcsmovie.co.jp/
・アサヒコム 住まいのお役立ちコラム
http://www.asahi.com/housing/column/TKY200505190199.html
・ルイス カーンの作品
http://www.greatbuildings.com/architects/Louis_I._Kahn.html
| 映画・映画館 | 21:53 | comments(0) | trackbacks(0) |
中バナー

latest entry

category

にほんブログ村 映画ブログへ
 ◎どうぞクリックの応援を!   ・

link

中バナー

recent comment

  • 美術館「えき」KYOTO ウィリアム モリス展
    baketu (06/27)

recent trackback

archives

profile

TOP↑